3Dプリンターの各方式の仕組みや特徴等を分かりやすく解説。
3Dプリンターの基本を知りたい方は必見!

3Dプリンターの造形方式には複数の方式があり、方式ごとに使える材料や造形物の特性が異なるため、3Dプリンター導入前に、どの造形方式が想定している用途に適しているのかを検討する必要があります。
本カタログでは、各造形方式の特徴について分かりやすく徹底解説しています。

記載内容

  • ・3Dプリンターの概要
  • ・各造形方式の特徴と使用できる主な材料
  •   1.材料押出法(MEX)
      2.材料噴射法(MJT)
      3.結合剤噴射法(BJT)
      4.液槽光重合(VPP)(光造形 :上面露光/自由液面法)
      5.液槽光重合(VPP)(光造形 :下面露光/規制液面法)
      6.粉末床溶融結合法(PBF)
      7.HP Multi Jet Fusion テクノロジー
  • ・各造形方式の機能特徴比較
  • ・製造業における導入メリット  など

  • ※2021年4月改定

下記フォームに必要事項をご記入ください。

E-Mail 必須

E-Mail(確認用)必須

※弊社からの情報提供メールを受信している方は、メールアドレスを入力いただくと入力の手間を軽減することができます。

会社名 必須

所属 必須

お客様名 必須

電話番号 必須

住所(都道府県)必須

3Dプリンター導入予定          必須

必須

未入力または入力間違えの発生している項目がございます。
お手数ですがご確認の上、再度入力をお願いいたします。

入力が完了していません